ストレスのないキッズシューズ【赤ちゃんの足は成長が著しい】

Menu

大切な靴選び

靴

複数種類用意すると便利

キッズシューズの選び方で一番優先したいのが、本人の好みです。色や形、ブランドなど、こだわりを持っている子は、それ1足あるだけで満足するものです。赤ちゃんの時と違って、運動量もより多くなりますし、より激しい遊びをするようになります。色違いなどを2、3足用意しておくとよいでしょう。また、丈夫かどうかも大切な選定基準です。お洒落なキッズシューズでも、あっという間に汚れますから、じゃぶじゃぶ水洗いができるか、少々乱暴に扱っても大丈夫な、しっかりした作りかを確認してください。これはママにとってストレスのない靴であるという事でもあります。中敷きが外せるかなど、お手入れの面でも注意して選ぶといいですね。メーカーによって、同じサイズでもきつく感じたり大きかったりするので、必ず試着をしましょう。意外に重要なのが靴下。厚手でも薄すぎても、履き心地が変わってきますから、いつも履いている靴下で試着するようにしましょう。実際に履くのは子供ですから、履き心地の良いキッズシューズを選んであげたいですね。最近のキッズシューズはいろいろな種類があります。スニーカー、スリッポンから、女児用ではおしゃれなブーツまで。できれば一通りそろえておくと、シュチュエーション別に便利に使えます。例えば、幼稚園にはスニーカー、公園での砂場遊び用には履き古した靴など。お友達の家に遊びに行くときは、きれいな靴のほうが、部屋が汚れません。キッズになると、習い事などをする機会もあると思います。靴を脱ぐシーンでは、スリッポンなど、立ったまま脱ぎ履きができるタイプの靴を履いていくと、靴箱のエリアでスムーズです。男児・女児や、その子の個性で違ってきますが、子供が履いてうれしいもの、子供の運動の妨げにならないことが大切です。

人気記事

おもちゃ

赤ちゃんのための準備

快適な環境で赤ちゃんを育てるためにベビーベッドやベビーカーを購入しておきましょう。ベビーベットをレンタルする場合、一ヵ月で2,000円から10,000円ほどの費用がかかります。こうしたベビー用品を用意しておけば赤ちゃんを安全な環境で育てられます。

靴

大切な靴選び

好みが出てくるので、キッズシューズはその子の好みの物を選びましょう。また用途別に使い分けるのが便利です。幼稚園、公園、習い事、お友達の家など、キッズの生活には様々な場面があるので、履き分けるといいでしょう。お手入れの面でも、ママのストレスにならない靴を選びましょう。

Copyright© 2018 ストレスのないキッズシューズ【赤ちゃんの足は成長が著しい】 All Rights Reserved.